採用情報

先輩の声

ITソリューション部 I・Kさん

IINを選んだ理由はなんですか?

元々は別の会社で契約社員をやっていましたが、契約満了時に当時のIINの社長に声をかけて頂き
入社しました。 当時は会社ができて2年目の頃で、若い会社でチャレンジしてみたいという気持ちがあり
入社を決めました。

現在どのような仕事をされていますか?

3年ほど前まではJavaの開発をメインに行っていましたが、現在はインフラ構築をメインに行っています。
覚えることは多くたいへんですが、システムの基盤となる部分であり非常に重要な業務であるのでやりがいを感じています。

IINで働く魅力は何ですか?

問題が起こっても会社全体でサポートしてくれることです。
昨年私が参画していたプロジェクトで大きなトラブルがありましたが、会社で要員の調整や
スケジュール調整などを行ってもらえ無事プロジェクトの完了までもっていくことができました。

今後の目標は何ですか?

アイアイ・ネットワークではインフラを行っているメンバーがほとんどいないため、増やしていきたいと
思っています。 まだまだ私もインフラ勉強中ではありますが、将来的にはIINの社員だけでインフラの案件を
受けたいと思っています。

ITソリューション部 T・Nさん

IINを選んだ理由はなんですか?

社員教育に力を入れている点に特に魅力を感じました。
実際、社内の勉強会が行われていたり、また、希望すれば興味のある分野のセミナーに参加ができたりと、
自分を成長させる環境が用意されています。

現在どのような仕事をされていますか?

現在は会計管理システムのシステム改修及びデータ移行等の作業を担当しています。

IINで働く魅力は何ですか?

この業界では同じ会社に所属していても作業現場が違い、社員との交流が取りづらいこともありますが、
IINでは社内の勉強会や定例会、クラブ活動などで現場が違う社員とも顔を合わせる機会が多く、
現場には自分以外にIIN社員がいなくとも社員の皆さんと積極的に交流できるところが魅力の一つだと
感じています。

今後の目標は何ですか?

現在は主に詳細設計やプログラムの開発改修など下流工程の作業を担当していますが、
いずれは基本設計や要件定義などの上流工程に携われるようになりたいと思っています。

ITソリューション部 S・Yさん

IINを選んだ理由はなんですか?

「プロとして」「高い技術の追求」という理念、そして若い会社ながら業績を伸ばしている点から意識の高さを
感じ、社会の役に立つ技術者として長く活躍していくことができると思いました。
また、社員さん達のアットホームな雰囲気にも惹かれました。

現在どのような仕事をされていますか?

金融系システムの維持作業に携わっております。バージョンアップ等、運用中のシステムに対する改修が
メインです。 技術はもちろん業務を共に身につけることができ、面白味があります。

一年を振り返って感じたことは何ですか?

想像以上に学ぶべきことが多いです。1つ2つの言語しか使えないようではやっていけませんし、
それだって非常に奥が深い。修得して業務に活かすことができれば、大変遣り甲斐がありそうだと
感じております。

今後の目標は何ですか?

今は周りの人に頼ることが多いですが、自分で考えて行動でき頼られるような社会人になっていきます。
現場で確かな技術や社会人としての振る舞い等、色々なことを吸収し、いずれは上流工程に携われることを
目標としています。

ITソリューション部 M・Yさん

IINを選んだ理由はなんですか?

パソコンやプログラミングには大学時代から興味はあったのですが、大学が文系だったので就職活動中は
考えていませんでした。
しかし文系出身の先輩や女性の先輩が多く働いていることや研修がしっかり設けられていることを知って、
自分でも働きやすい会社なら働いてみたいと思いました。

現在どのような仕事をされていますか?

現在は会計システムを管理するソフトの開発をするプロジェクトに参加し、java言語によりプログラミングや
テストをしています。参加している人数が多いプロジェクトなので周りの人と連携しながら全体の一部、
部品などを作っています。

一年を振り返って感じたことは何ですか?

学生生活でもそれ以外のコミュニティでもたくさんの人と関わってきたつもりでいましたが、社会に出ると
今までの比じゃないくらい幅広い世代の人と関わりを持ち会ったことがないような凄い人との出会いが
いくつもありました。
後にも先にも、社会に最も驚かされる一年だったのだろうと感じます。

今後の目標は何ですか?

社会人としてもまだまだ未熟な2年目ですが、先輩としては1年目の新人です。
隣で色々なことを教えて下さった先輩方のように今度は自分が後輩に受け継いでいけるようになることが
この一年の目標です。